iPadが充電できない!「充電されていません」になる理由と対処法

iPad充電されていません

AppleのiPadが充電できない。画面上に「充電されていません」と表示するのは何故でしょうか?
この原因は「電力不足」です。それでは原因と対処法(解決策)を見ていきましょう。

iPadが充電されない原因

今回の充電されないケースは、充電コード(Lihgtningケーブル)を差し込んでも画面の充電アイコンに「充電されていません」と表示される場合の原因を解説します。

iPadで充電されてません

上記の図のように充電アイコンの部分が「充電されていません」と表示されます。
しかし、これは故障ではありません。

単純に電力が足りていないだけです。
この現象が起こり得る状態は以下ではないでしょうか?

  • パソコンのUSBケーブルに挿した
  • iPhone用の電源アダプタを使用した

このような状態で使用すると電力不足が発生する可能性が高いのです。
iPadはiPhoneに比べ、充電時の電力を必要とします。

iPadの電力

iPadの電力をiPhoneと比較してみましょう。

デバイス 電力
iPhone 5W
iPad Air 10W
iPad Air2 12W
iPad 10W
iPad Pro 12W

このように種類によって必要な電力が異なります。
iPhoneに付属の充電アダプタを使用しているとiPadでは電力不足で充電さできません。

付属のアダプターを使用することで充電できるようになります。

また、パソコンにバックアップの目的ではなく、充電目的であれば上記の必要電力が満たされる状態で充電してください。
パソコンの場合も高電圧のUSBポートを使用すると充電することはできますが、充電に多少時間がかかってしまいます。

充電アダプタには種類がある

上記の表のようにデバイスによって電力が異なりますので、当然、付属の充電アダプタは異なっています。

iPadアダプタ

左:5W、中:10W、右:12W

iPadアダプタ

充電アダプタの側面に出力が記載されていますので、ご確認ください。

iPhoneの充電アダプタでも充電できないことはありませんが、充電にすごく時間がかかってしまったり、場合によっては充電ができない場合があります。正常に正規の通りに充電したい方は、付属のアダプタをご利用ください。

高速に充電を複数したい場合は、以下もおすすめです。

単純に電力の違いで充電できないケースを紹介しましたが、正常なアダプタを使用しても充電できない場合は、故障の可能性がありますのでAppleへご確認ください。

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える(MNP)と月々の支払いが激安になります。現在使っているiPhoneがそのまま使用できますし、月額料...

まとめ

iPadで「充電されていません」の原因と解決法をご紹介しました。単純に電力の違いだけですね。

こまめなバックアップはお忘れなく!

iTunesのバックアップは古い!と言われています。今は「DearMob iPhoneマネージャー」の時代です。 「DearMob i...

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする