iPhoneをバックアップするには、iCloudの容量はどれくらい必要なのか?

iPhoneをバックアップするには、無料で使えるiCloudの容量「5GB」で足りるのか?

バックアップをする人の環境や使い方によって変わってきますので、どれくらいの容量が必要なのか確認する方法などを紹介します。

iCloudの容量と月額料金

iPhoneを使っていると、iCloudを無料で「5GB」まで使用することができますが、これ以上になると有料になり、以下の月額料金がかかります。

ストレージプラン 月額料金(税込)
5GB 無料
50GB 130円
200GB 400円
2TB(2000GB) 1,300円

どのプランが良いのか、プランの変更方法は、下の方で説明します。

バックアップに必要なiCloudの容量

iCloudにバックアップできるものは、写真や動画のデータやアプリとアプリ内のデータ、Appleでの購入履歴(音楽、映画など)などです。

iCloudにバックアップする際に、どれくらいの容量(ギガ数)が必要なのか、確認してみましょう。

iPhoneの設定をタップして、一番上の名前が書かれている「Apple ID」をタップします。

Apple ID

 

・iCloud

・iCloudバックアップ

・iCloudバックアップをON

順番にタップしていきます。

iCloudバックアップ

 

次に以下の順番でタップしていってください。

・今すぐバックアップを作成

・iCloud設定

一番右の図のように、「次回作成時のサイズ」が読み込み中になり、バックアップに必要な容量を計算してくれます

iCloudバックアップ方法

 

バックアップに必要な容量の計算が終了すると、以下のように必要GB数が表示されます。

iCloudバックアップ容量

 

注意

しかし、図をよく見ると「写真ライブラリ」のバックアップ設定がONになっていません。写真や動画がバックアップ対象になっていませんね。また、アプリも全てバックアップしてくれているのか?それを今から確認していきます。

 

「すべてのAppを表示」をタップして、必要なアプリがバックアップの対象になっているのか確認していきましょう。また、写真や動画もバックアップしたい場合は「写真ライブラリ」もONにしておきます。

iCloudにバックアップ設定

 

写真ライブラリをONにして、再度容量を確認すると「47.69GB」になりました。写真や動画だけで40GBほどあるということですね。

僕の場合は、無料の5GBでは到底不足しており、iCloudにバックアップするにはストレージを50GB(130円/月)にグレードアップしないとバックアップをすることができませんでした。

iCloudバックアップ

 

iCloudのストレージプランの変更

無料の5GBで不足した場合、ストレージプランを変更することでバックアップが可能になります。そのストレージプランの変更方法を紹介します。

 

iPhoneの設定を開いて、Apple IDをタプします。ストレージ管理ストレージプランを変更をタップします。

iCloudストレージプラン変更方法

 

ストレージプランを変更したいGBを選択して「iCloud+にアップグレード」をタップします。

iCloudストレージプラン変更方法

 

パソコンにバックアップを取られている方であれば、無料の5GBでも十分だと思います

僕の場合は、iMacにiPhoneの中身全てをバックアップしているので、iCloudはほぼ使用しておりません。

 

僕のiCloud活用

  • メモ
  • リマインダー
  • Macで作ったデータファイル

この3つだけしか使用していませんので、5GBでも十分なのです。

まとめ

iCloudのバックアップ容量はどれくらい?と言われても、使用している人によって様々なので一概に何GB必要です。とは答えられません。

写真や動画をバックアップするかしないか、枚数などで全く変わってきますので、今回ご紹介した方法でどれくらい必要なのか確認していただければと思います。

iPhoneをバックアップするには、iCloudの容量はどれくらい必要なのか?
最新情報をチェックしよう!