【iPhone裏技】意外と知らないiPhone計算機(電卓)の小技

iPhoneアプリに標準装備されている計算機は、使用頻度が上位を占めていますが、意外と知られていないであろう小技をご紹介します。(知っている人も多いかもしれませんが)

ちょっとした計算をスムーズにこなして一歩先ゆく人になりましょう。

iPhone計算機の起動

iPhone計算機アプリの起動は二通りあります。どちらか簡単な方で起動して下さい。

iPhoneホーム画面から起動

iPhoneのホーム画面から「便利ツール」をタップして開いたら「計算機」をタップして起動します。

コントロールセンターから起動

iPhoneのコントロールセンターから開くには、iPhone画面の下からスワイプするとコントロールセンターが開きます。

コントロールセンターが開いたら、右から2番目の計算機アイコンをタップします。

計算機が起動しました。
お好みに合わせて簡単な方法で計算機を起動して下さい。


iPhone計算機の小技

iPhone計算機には、小技があります。知ってそうで知らない小技なので知らなかった方は、ここで覚えておくと便利です。

間違えた数字を1文字消す

計算機を使用していると、間違えて桁数を多くしてしまうことないでしょうか?

押し間違えたり、「0」が一つ多くなり桁数が多くなったりと多少なりとも間違えることがあります。

そんな時に全て消さずに最後に入力した数値を1文字だけ消すことができます。

桁数を多く入力した場合は、数値の上を指で右から左へ「スワイプ」して下さい。

このように桁数を多く入力してしまった時など「C」ボタンでクリアするより断然早く処理できます。

計算結果をコピーして利用する

複数の計算をしていると、計算結果をメモしたい場面に出くわすことはありますよね。

紙にメモを取るのも面倒です。

そこで、計算結果を一時的にコピーする機能があります。

例題では以下の計算をコピーして利用する方法を紹介します。

① 3+7=10 ← 10をコピーする
② 3+2=5
③ ①+②=15 ← 15を求める

①の計算後に10をコピーする

3+7の計算結果が「10」と出ます。その「10」をコピーしておきます。

▲10の数値の上を指で長押しします。すると、数値の上に「コピー」と「ペースト」の文字がでてきますので「コピー」をタップします。
この「10」はコピーされました。

②の計算をする

②の3+2を行うと答えは「5」になります。

③の計算で①の計算をペースト

次に②の計算結果で「5」が出たので、5+10を行います。

5の計算結果の次に「+」を押します。

「5」の数値の上で長押しすると「コピー」と「ペースト」の文字が出てきますので「ペースト」をタップします。

すると、先程の①でコピーした「10」はペースト(貼り付け)られます。

最後に「」を押すと「5+10」の計算結果が表示されます。

今回は、簡単な計算なのでメモを取る必要も、コピーする必要もありませんが、桁数が大きかったり、複雑な計算だった場合は、桁数が多い数値を覚えるのは大変なので「コピー&ペースト」を知っておくと便利かもしれません。


繰り返し計算を行う

同じ計算を繰り返し行う場合に便利な機能です。
「=」を押すだけで最後の計算を繰り返してくれます。

例えば「2×3=6」→「6×3=18」→「18×3=54」・・・という風に最後の計算「×3」を繰り返し行います。

iPhone計算機は普通の計算機との違う!

iPhoneの計算機は、普通の計算機と計算方法が違うので注意が必要です。

iPhoneの計算機は「×」「÷」が優先されます。

普通の計算機 2+10÷2=6

iPhoneの計算機 2+10÷2=7

計算方法の違いで、思わぬ計算ミスをしないように注意して下さい。

計算機を使わずiPhoneで簡易計算する

iPhoneの計算機アプリではなく、iPhoneで計算する方法です。

Spotlight検索を活用

iPhoneホーム画面の中央付近で指を下にスワイプさせます。

Spotlight検索画面が開きますので「ABC」を2回押して数値に切り替えます。

計算式を入力すると、即座に結果が表示されます。

なかなか優れていますね~

まとめ

意外と知らないiPhone計算機アプリの小技でした。

知っている方もおられたでしょうが、知らない方のための小技ということでお許しください。

今更古いよ!と言われるかもしれませんが、iPhone計算機だけでも隠れた機能があるのですね。

これからも隠れた小技や裏技をご紹介していきます。

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする