【iPhone裏技】iPhoneのキーボードを3D Touchでカーソル表示-文字の途中に挿入

iPhoneを使っていて、メールやLINEなどで文字を書いていると、文字の途中に文字を追加したいときありますよね。
末尾から消して書き直すなんてことしていませんか?
iPhoneの「3D Touch」を使うと文字の途中に挿入できます。

3D Touchとは何か

3D Touch(スリーディー タッチ)とは、Apple社が販売しているMacBook、MacBook Pro、Magic Trackpad 2やiPhoneシリーズに搭載されており、タッチの強さに反応する触覚フィードバックタッチパネルのことです。

知らないうちに皆さんも使ったことがある機能です。

例えば、写真を保存する際に長押ししたことありませんか?長押しすることで「画像を保存」などの画面が表示されたことがあるかと思います。

今回は、その「3D Touch」機能を使って文字の途中に文字を挿入する方法をご紹介します。

文字の途中に挿入する

言葉で書くより見てもらった方がわかりやすいと思いますので、以下の画像を見てください。

このように文字の上でタッチ(長押し)するとカーソル(拡大鏡)が出てきますので挿入したい場所にカーソルを移動させます。

カーソルを離すと文字を入力できるようになります。

今回はメモ帳で行いましたが、FacebookやLINE、Safari、Google Chromeなどのアプリでも可能です。

iPhoneで文字を入力中にカーソルを文字の前の方に移動させたい時がありますよね? 入力した文字を修正したい。前文に追加で文字を打ちた...


まとめ

ちょっとした小技をご紹介しました。

iPhoneには、まだまだ隠れた機能がたくさんありますので、随時、ご紹介していきます。

iPhoneのブラウザソフト「Safari」の小技を紹介します。Safariでインターネットを見ていて気に入った記事があった時に、あとで見た...