macOS Mojave10.14.6正式リリース!再起動関係の不具合修正がメイン

macOS Mojave10.14.6正式リリース

Appleは、2019年7月22日に「macOS Mojave10.14.6」を正式にリリースしました。
今回「macOS Mojave 10.14.6 beta 5」がリリースされて7日後のことです。
「macOS Mojave10.14.6」では、主に再起動関係の不具合修正がメインで行われています。
Fusion Drive搭載のiMacやMac miniをお使いの方は、アップデートされた方がいいでしょう。

僕は、iMacとMacBook Proの2台をアップデートしました。

macOS Mojave10.14.6の改善点

macOS Mojave 10.14.6

アップデート内容

今回の改善は主に再起動関係の修正がメインのようです。

  • Fusion Drive搭載のiMacおよびMac miniで、Boot Campパーティションが作成できない不具合を修正
  • Macが再起動中にハングする問題を修正
  • スリープ解除時に発生することがあるグラフィックスの問題を修正
  • Mac miniでフルスクリーンビデオが黒く表示される問題を修正
  • SMBファイル共有の信頼性を向上

確かに再起動中にハングすることがありました。修正されて良かったと思います。

他にも修正箇所がありますので、セキュリティーの向上のためにも時間があるときにアップデートされた方が良いかと思います。

アップデート時間は測定していませんでしたが、30分程度かかります。

アップデート方法

アップデート方法は「システム環境設定  ソフトウェアアップデート」をクリックしてアップデートがあれば行います。
今までアップデートを怠っていた方は、必ず「今すぐアップデート」のボタンが現れます。

Macアップデート

アップデートの方法は簡単ですね。アップデートボタンを押したらひたすら待つだけです。
上にも書きましたが、アップデート時間が30分くらいかかりますので、時間があるときに行ってくださいね。

ソフトウェアのアップデート

macOSではなく、ソフトウェアのアップデートについては「App Store」を開いてアップデートがないか確認します。
いつも最新の状態を保っておくことがベストです。

Macソフトウェアアップデート

リリース情報

2018年09月24日:macOS Mojave 10.14
2018年10月30日:macOS Mojave 10.14.1
2018年12月05日:macOS Mojave 10.14.2
2019年01月22日:macOS Mojave 10.14.3
2019年03月25日:macOS Mojave 10.14.4
2019年05月13日:macOS Mojave 10.14.5
2019年07月22日 macOS Mojave 10.14.6

まとめ

2018年9月にmacOS Mojave 10.14がリリースされて約10ヶ月です。macOS Mojave 10.14.6までアップデートされています。
macOS Mojave 10.15がリリースされるのはいつでしょうかね?

ただ、今回のアップデートには不具合習性が多数含まれていますので、最新の状態にしておくことをおすすめします。

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする