iPhoneの脱獄可能なiOSを「iOS 12.4.1」へ緊急アップデート。全てのユーザーに推奨

iOS12.4.1

Apple社は、日本時間の2019年8月27日に「iOS12.4.1」へアップデートした。
アップデートの理由は、iPhone脱獄を可能にしてしまう脆弱性が発見されたためだ。
日本時間の2019年7月23日に「iOS12.4」をリリースしたが、危険度の高い脆弱性が発見されたのです。
悪意のあるハッカーは、この脆弱性に反応し動き出しています。iPhoneを脱獄し、不正なアプリケーションであなたのiPhoneを操作しようとしているのです。
今すぐアップデートをおすすめします。

アップデートを行う場合は、必ずバックアップを取ることを強くおすすめします。
LINK iPhoneのバックアップ方法!

iPhone脱獄とは

そもそも、iPhoneの脱獄とは何だろう?
アメリカでは合法になっているが、日本ではグレーゾーンの脱獄(Jailbreak)。
iOS12.4.1のリリースの前に簡単に脱獄とは何かを説明します。

非公式アプリを動作させることが可能

アプリを使用するときは、Apple Storeで公開されているアプリをインストールして使うのが通常の利用方法だが、脱獄を行うと非公開のアプリをインストールすることが出来るのです。

脱獄を行うことで、非公式のアプリストアから高機能のアプリをインストールすることが可能になる。

しかし、非公式のアプリをインストールすることになるため、Appleからのサポートは受けられなくなる。

脱獄という行為は、ソフトウェアライセンスなどに違反することにもなる。

脱獄のメリット

脱獄を行うと、上にも書いている通り、高機能のアプリをインストールして使うことが可能になる。

例えば、以下のようなことができてしまうのです。

  • アプリ毎にパスワードを設定
  • ロック画面、ホーム画面のデザイン変更
  • ホーム画面やロック画面に時計や天気など好きなウィジェットを配置
  • カメラのシャッター音を無音化
  • デバイス内のファイルを編集

など、色々な操作が可能になるのです。

知識がある人にとってはiPhoneを思いのままに改造できちゃいます。

脱獄のデメリット

前述したように、Appleのサポートが受けられなくなります。自力で元に戻す必要があるため、知識がなければ元に戻すことが不可能になります。

また、それなりの知識がなければ、脱獄したことでiPhone内のデータをそっくり引き抜かれる可能性もあります。

個人情報がダダ漏れになってしまいます。

相応の知識・スキルがなければ興味本位で脱獄をしようとは思わないことです。

iOS12.4.1のアップデート内容

ハッカーが動き出すというセキュリティーホールの修正は、「iOS 12.3」で修正されたのですが、再び「iOS 12.4」で復活していたのです。(CVE-2019-8605)

巷では、パッチを入れ忘れているのではないか?とも言われています。

そこで、今回、脱獄を可能にしてしまうという脆弱性が修正されているようです。

致命的な脆弱性がある「iOS12.4」から今すぐ「iOS12.4.1」へアップデートされた方が良さそうです

まとめ

何度も繰り返しになりますが、致命的な脆弱性がある「iOS12.4」をお使いの方は、今回のアップデート版「iOS12.4.1」へアップデートされた方がいいと思います。

知識がない方は脱獄しようとは思わない方が身のためです。

また、アップデートする場合は、必ずバックアップをお忘れなく!

LINK iPhoneのバックアップ方法!

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする