Apple iPhoneは5G対応が2020年?発売はいつになるのでしょう

5G対応iPhoneは2020年?

スマホの通信規格 5G対応が2019年〜2020年に「北米・アジア・ヨーロッパ」で一斉に普及すると言われています。

しかし、Apple社は若干遅れて2020年の対応になりそうだと予測されています。

iPhoneファンとしては非常に残念なことです。

通信規格 5Gとはなにか?

5G

5Gとは「第五世代移動通信システム」のことです。4Gや5Gの「G」は「Generation(世代)」で世代を表しています。

さて、この5Gですが、3Gから4Gに移行された時とは次元が違います。

4Gから5Gになるのは、もちろんスピードも画期的に上がります。

試験では4Gの100倍の速度が出ているようです。ただ、実際に普及したら、速度は落ちるとは思いますが、桁違いにスピードが早いのは間違いありません。

また、大きく違うのが「ミリ波」に対応するということです。

今までの6GHz帯に加え、高周波数である28GHz帯を使うミリ波が使われるのです。

5Gは、ほぼゼロと言える遅延時間です。これは、ダウンロード速度の高速化によって遅延時間の短縮に繋がっています。

これは何を意味するかと言うと、医療や建設業界で遠隔操作が可能になるわけです。

遠隔で離れたところから操作して信号を送信したものが、遠くにある通信機器に即座にデータが送られます。

自動車業界でも自動運転が登場しようとしていますが、人が飛び出してきたことを瞬時に判断してブレーキングへ繋げます。

これは、判断から行動までのスピードが全てです。

4Gでは到底できなかったことですが、5Gになることで実現されようとしています。

他にも、ミリ波を使うことで、何万と言う端末に一斉にデータを高速通信できるのです。回線がパンクすると言うことが無くなります。

これから5Gの世界に突入するわけですが、単にスマホの通信に使われるだけではなくなるのです。

Apple社は2020年まで5G対応iPhoneの発売を延期?

Apple社の4Gに対応したiPhoneが発売されたのは2012年でした。アメリカでは2010年にサービスが開始されて約2年後のことです。

今回の5Gに対応したiPhoneが発売されるのが、2020年と報道されています。

なぜ、競合他社(中国のHUAWEIなど)は、2019年の発売を予測されているのに1年送らせるのでしょうか?

その一つに、今年にiPhoneXやiPhoneXSを発売しているので、そのユーザーの買い替え時期である2020年にするのではないかという意見もあります。

2019年に発売しても買い替え周期が遅れている中、販売台数が上がらないと予測されているのでしょうか。

真意は不明ですが、他社に比べると販売時期は遅れそうです。

iPhoneユーザーの方は、他社で5Gが発売されて、その動きを見てから5G対応のiPhoneを購入するのもいいでしょう。

世の中では5G対応のスマホで話題になっているが、AppleのiPhone5G対応が発売されるのはいつになるのか? 2020年の発売も予想さ...

まとめ

3Gや4Gとは次元が違う5Gですが、5Gのサービスが開始されると社会的に大きく変化していくでしょう。

スマホの使い方にも大きく変化が現れそうです。

2年後に発売されるであろうiPhoneを楽しみに待ちましょう。

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする