iPhone11とiPhone11 Proを比較!価格と違いは何か?どちらが買い?

iPhone11とiPhone11Pro比較写真

2019年9月11日に「iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 ProMax」の3種類が発売されました。

iPhoneXからの後継機種が以下のようになっています。

iPhoneXR  iPhone11
iPhone XS/XS Max  iPhone 11 Pro/11 Pro Max

一度に3種類の発売でどれを買った方がいいのか迷います!今回は、機種ごとにスペックをまとめてみました。

iPhone11とiPhone11Proの概要比較

まずは、サイズや価格を比較してみましょう。

サイズ(デザイン)

iPhone11とiPhone11Proの見た目を比較してみます。

iPhone11とiPhone11Pro比較写真

iPhone11Proが外径サイズが小さくなっています。(iPhoneXとほぼ同じサイズです)

手が小さい女性には、iPhone11Proの方が扱いやすいかもしれませんね。

カラーバリエーション
iPhone11  6種類
iPhone 11Pro  4種類

価格の比較

容量 iPhone11 iPhone11Pro
64GB 74,800円 106,800円
128GB 79,800円
256GB 90,800円 122,800円
512GB 144,800円

同容量で比較するとiPhone11の方が「32,000円」安くなっています。

iPhoneのご購入は「ソフトバンクオンラインショップ」で購入できます。

性能・スペック・機能の比較

それでは、性能を比較してみます。

性能の詳細

iPhone11 iPhone11Pro
ディスプレイ 6.1インチ 5.8インチ
Liquid Retina HD ディスプレイ Super Retina XDR ディスプレイ
触覚タッチ 触覚タッチ
解像度 1,792 x 828 2,436 x 1,125
認証 Face ID Face ID
CPU A13 A13
サイズ 高さ:150.9mm
幅:75.7mm
厚さ:8.3mm
重量:194g
高さ:144.0mm
幅:71.4mm
厚さ:8.1mm
重量:188g
カメラ デュアル12MPカメラ
(超広角と広角)
トリプル12MPカメラ
(超広角、広角、 望遠)
超広角:ƒ/2.4絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
超広角:ƒ/2.4 絞り値
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.0絞り値
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタル ズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大10倍のデジタル ズーム
進化したボケ効果
深度コントロール
ポートレート
進化したボケ効果
深度コントロール
ポートレート
ナイトモード ナイトモード
ビデオ 4Kビデオ撮影
24fps/30fps/60fps
4Kビデオ撮影
24fps/30fps/60fps
1080p HDビデオ撮影
30fps/60fps
1080p HDビデオ撮影
30fps/60fps
1080pスローモーション
120fps/240fps
1080pスローモーション
120fps/240fps
タイムラプスビデオ タイムラプスビデオ
QuickTakeビデオ QuickTakeビデオ
オーディオズーム オーディオズーム
ステレオ録音 ステレオ録音
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタル ズーム
2倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
最大6倍のデジタル ズーム
フロントカメラ TrueDepthカメラ TrueDepthカメラ
12MPの写真 12MPの写真
ƒ/2.2絞り値 ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果
深度コントロール
ポートレート
進化したボケ効果
深度コントロール
ポートレート
4Kビデオ撮影
24fps/30fps/60fps
4Kビデオ撮影
24fps/30fps/60fps
1080p HDビデオ撮影
30fps/60fps
1080p HDビデオ撮影
30fps/60fps
1080pスローモーション
120fps
1080pスローモーション
120fps
アニ文字とミー文字 アニ文字とミー文字
充電 ワイヤレス充電  ワイヤレス充電
カメラの違いが主ですね。
カメラの数が2つなのか3つなのかの違いで、望遠があるか、ないかの違いです。

iPhone(スマホ)で4K動画が簡単に撮れるのは凄くいい!

今から5Gの提供が始まりますが、4K動画の需要は益々伸びてきます。YouTubeや色んなところで4K動画が使われて来るはずです。

4K動画と1080p動画とは?

4K動画と言われても意味が分からないと言う方のために簡単に説明します。

規格 一般的なサイズ(解像度)
4K 3840 x 2160 (pixel)
1080p 1920 x 1080 (pixel)

4KやFHD(1080p)とは解像度の違いになります。つまり、4K動画になると画像がきめ細かいので高画質と言うことになります。

4K動画とは

横幅や縦幅では2倍ですが、面積でいくと4倍になります。

4K動画の方が、サイズが大きいだけあってファイルサイズは大きくなりますが、これから5Gがスタートすると大きい容量でも通信速度が上がりサクサク見られる時代になります。

iPhoneのご購入は「ソフトバンクオンラインショップ」で購入できます。

アクセサリー

iPhone11やiPhone11Proで使えるアクセサリーを紹介します。

イヤホンジャックアダプタ

iPhone7からですが、イヤホンジャックが「Lightning」になっており3.5mmのイヤホンが使えません。3.5mmのイヤホンが使えるようにLightning変換ケーブルです。

充電とイヤホンを同時に使用できるアダプタです。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電は非常に便利です。

充電の時にコードを接続する必要が無く、充電器にポンと置くだけで充電できてしまいます。

デスクワーク中でも寝室でも、置くだけで充電できるものがあるなんて、なんと素晴らしいことでしょう。

僕もデスクワーク中は重宝しています。だって電源コードを挿して充電していたら、電話がかかってきたときは電源を抜かないといけませんからね。

しかし、ワイヤレス充電であれば左手の届く範囲に「ポン」と置いておくだけで充電してくれて、電話がかかってきたり、LINEがきてメッセージを読む時もiPhoneを取るだけです。

用が終わったら再びワイヤレス充電器に置くだけです。

僕は、以下のワイヤレス充電器を2つ買ってデスクワーク用と寝室用で使い分けています。

デスクワーク用は立て置きタイプで、寝るときは平置きタイプを使っています。

まとめ

価格でいくとiPhone11が断然お得です。サイズが小さい方がいいと言う人はiPhone11Proでしょう。

トータル的には、カメラが一つ多いか少ないかの違いで望遠を重視しなければ、iPhone11で十分だと思います。

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする