iTunesカードやコードを貰ったときの受け取り方と使い方を紹介

iTunesカード

iTunesカード(コード)は、AppleのiTunesで音楽やブック、映画や有料アプリを購入できるプリペイドカードです。

今は、利便性や実用性の面からギフトとして贈る方も多くいます。しかし、プレゼントされた方は、どうやって受け取るのか、どうやって使うのか分からない方もいらっしゃるので、プレゼントで受け取った場合の受取り方と使い方を紹介します。

iTunesカードは「App Store & iTunesギフトカード」と呼ばれています。

iTunesカード(コード)とは何か?

iTunesカード(アイチューンズカード)

iTunesカードとは、料金を前払い式のプリペイドカードです。
前払いしますので、使いすぎることはなく、お子様へのプレゼントにも有効です。

コンビニや携帯ショップなど多くのショップで購入できるプリペイド式のiTunesカードになります。

iTunesコード(アイチューンズコード)

一方、iTunesコードとは、各携帯キャリアのオンラインショップか以下のAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングから購入できます。

以上の2種類があります。

iTunesカードの種類

コンビニで買えるiTunesカードでは、5種類に分類されます。
「iTunes Storeデザイン」と「App Storeデザイン」がありますが、デザインが違うだけで同じですので、どちらを選んでも構いません。

  • 1,500円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • バリアブル(1,500〜50,000円の範囲で自由に金額を設定可能)

バリアブルタイプは、1,500〜50,000円の範囲で好きな金額を設定できる大変便利なタイプです。
コンビニによっては、取り扱いがない場合がありますので事前に確認ください。

iTunesカードの購入方法

iTunesカードには、カードタイプとコードタイプ(デジタルコード)の2種類があることは前述しましたが、タイプによって購入方法が異なります。

iTunesカードの購入

購入方法は、いくつもありますので代表的な購入方法を紹介します。

 コンビニや量販店で購入 

カード

手短なコンビニで購入可能です。
店舗に置いてあるiTunesカードをレジに持っていき、通常の買い物と同じように購入できます。

バリアブルタイプを購入の場合は、レジで金額を指定すれば指定の金額をチャージしてくれます。(指定できる金額は1,500〜50,000円の範囲です)

 Appleのオンラインストアで購入 

カード コード

Appleのオンラインショップでは、宅急便で送る「App Store & iTunesギフトカード」とEメールで贈る「App Store & iTunesギフトカード」を選択できます。

宅急便で送る場合は、3,000円、5,000円、10,000円の3種類から選べます。

Eメールで送る場合は、金額を1,000円〜50,000円の範囲で選べます。

宅配便でもEメールでも使い方は同じです。

決済方法は、クレジットカード決済か、銀行振込やコンビニ払いになります。

 携帯電話キャリアで購入

カード コード

docomo、au、SoftBankの携帯電話キャリアでもiTunesカードの購入ができます。

携帯電話キャリアの店頭では、iTunesカードも販売されていますので、普通にレジで購入してください。

docomo、au、SoftBankの携帯電話キャリアに契約をされている方は、オンラインで決済するとiTunesコードで購入することもできます。

iTunesカード・コードの受取り方法

iTunesカードでも、iTunesコードでも16桁のコードが付いてきます。
まずは、iTunesコードがメールで送られてきた場合の受取り方法を説明します。

 メールの16桁のコードをコピー

英数字が並んだ16桁のコードをコピーします。

 Apple Storeを開く

Apple Storeを開いて、一番下までスクロールします。
下の方までスクロールしますので、頑張ってスクロールしてください。

 コードを使うをタップ

下までスクロールしたら「コードを使う」をタップします。

iTunesコード

 コードはキーボードでも入力できますをタップ

「カメラで読み取る」と「コードはキーボードでも入力できます」がありますが、「コードはキーボードでも入力できます」をタップします。

タップしたら、画面は変わりませんので、その欄に先ほどコピーした16桁のコードをペースト(貼り付け)します。

iTunesコード

 コードを使うをタップ

右上の「コードを使う」をタップします。

 Apple IDのパスワード入力

Apple IDのパスワード入力画面が出てきたら、パスワードを入力して、サインインをタップします。

iTunesコード

 登録完了

お使いのApple IDに¥1,500追加されました。残高は¥1,500です」と表示されれたら登録完了です。
今回は、1,500円のiTunesコードを登録した例です。

iTunesカードの場合もカード裏面の16桁の番号を入力することで同じ登録ができます。

次は、使い方を説明します。

iTunesカードの使い方

iTunesカードでは、色々な場面で利用することができます。

  • Apple Storeで有料アプリを購入
  • ゲーム等のアプリで課金
  • 音楽や映画を購入するiTunes Store
  • ibooksで本を購入

Apple Storeで有料アプリを購入

Apple Storeには、無料や有料のアプリがあります。
今まで、使いたいアプリがあっても躊躇(ちゅうちょ)していた有料アプリもiTunesカードがあれば購入できます。
iTunesカードをプレゼントしてもらったら、これを機会に使ってみましょう。

有料アプリをインストールする場合は、金額のところをタップするとチャージしている残高から差し引かれてインストールできます。

残高が不足している場合は、不足分が登録しているクレジットカードから引き落としされるので注意してください。

ゲーム等のアプリで課金

無料のゲームは無料でインストールして遊ぶのも無料ですが、遊んでいるうちにレベルアップしたい(強くなりたい)場合などは、課金する必要がありますよね。

アイテム購入やガチャの為に課金している人も少なくありません。

そんな課金にもiTunesカードが使えます。
課金のためにiTunesカードを購入する人も多いと言われています。

課金のやりすぎには注意してください。

iTunes Storeで音楽や映画をダウンロード

iTunes Storeでは多くの音楽や映画が提供されていますが、無料で楽しめる範囲は視聴だけでダウンロードすることはできません。

ダウンロードするには購入する必要があります。その購入時にiTunesカードが使えます。

好きな音楽は、ダウンロードしてお楽しみください。

ibooksで本を購入

最近では、本を購入する人も少なくなり、電子書籍を読んでいる人も多いのではないでしょうか?
iPhoneやiPadで本が読める時代になっているのです。

わざわざ、本屋さんに行って購入する必要もありません。

また、電子書籍を購入する人も増えているので、本屋さんでは品揃えが貧相になってきているのも事実です。
注文することもできますが、届くまでに待ち時間もあります。

すぐに購入できて、すぐに読むことができる「ibooks」で電子書籍を購入するのも一つの手です。
通勤電車で簡単に読むことができますね。

まとめ

今回は、iTunesコードが贈られてきた場合の登録の方法と使い方を紹介しました。
これは、便利だな!と思われた方は、ギフトとしてプレゼントしても喜ばれるかもしれませんね。

iTunesカードは、人それぞれの使い方がありますので、自分にあった使い方で楽しんでください。

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする