AirDrop-iPhone/Macで写真や動画を高速転送!これは便利

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

Apple製品同士であれば「エアードロップ(AirDrop)」で簡単に写真や動画、画像を無線で転送できます。(ケーブルは必要ありません)

iPhone同士、iPhoneからMacへ、MacからiPhoneへなど Apple製品であればできちゃいます。
これがかなりの高速転送なのです。100枚くらいの写真なんてあっという間に送れちゃいます。こんな便利な機能をご紹介しますね。

AirDropとは

AirDrop

AirDropを使うと、 Apple製品同士で写真や動画などを共有できたり転送したり、また相手からも受け取ることができます

条件として、お互いがBluetoothやWi-FiをONにして、Bluetooth やWi-Fi の通信範囲内でなくてはなりません。僕は、いつもこのAirDropを使って写真や動画をiPhoneからMacに送っています。また、その逆のMacからiPhoneへ転送しています。

 AirDropの図解

AirDrop図解

このように、デバイス同士( Apple製品同士)はBluetoothで接続し、Wi-Fiで転送します。

ですから、BluetoothとWi-Fiの範囲内でないと転送できません。

AirDropの使い方

iPhone同士AirDropの使い方

iPhoneでAirDropを使える準備を行います。

AirDropをONにするには2通りの方法があります。

iPhone7中古 18,800円〜

 (1) 画面下からスワイプスする方法

 手順1:コントロールセンターを表示

画面下からスワイプしてコントロールセンターを開き、左上のグループコントロール3Dタッチ(強く押す)します。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 手順2:AirDropをタッチ

AirDropアイコンが出てきますので「AirDropアイコン」をタッチします。

AirDrop

 手順3:共有する端末を選択

データを共有する端末を選択します。(共有する相手のこと)

「連絡先のみ」「すべての人」からどちらかを選びます。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

  • 連絡先のみ:連絡先に登録している人のみ共有します
  • すべての人:すべての人と共有します

 (2) 設定から行う方法

 手順1:設定を開く

ホーム画面から「設定」を開き「一般」へ進みます。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 手順2:AirDropをタップ

次にAirDropをタップします。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 手順3:共有する端末を選択

データを共有する端末を選択します。(共有する相手のこと)

「連絡先のみ」「すべての人」からどちらかを選びます。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

  • 連絡先のみ:連絡先に登録している人のみ共有します
  • すべての人:すべての人と共有します

AirDropを有効にすると「Wi-Fi」および「Bluetooth」が自動的にオンになります。

AirDropを使って写真を転送

それでは、AirDropの準備もできましたので、写真を転送してみましょう。

送る側、受け取る側もAirDropの設定準備はできましたでしょうか?

 手順1:転送したい写真を開く

写真のアプリで転送したい写真を選びます。

転送したい(送りたい)ファイルが見つかったら、左下のアイコンをタップします。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 手順2:相手が見つかる

転送したい相手のアイコンが表示されたら接続された事になります。

「タップしてAirDropで共有」 の欄に相手のアイコンが表示されましたか?

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 相手が見つからない場合

BluetoothがONなっていない
Wi-FiがONになっていない

 手順3:タップして転送開始

相手のアイコンをタップして転送を開始します。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

iPhoneとMacのAirDropの使い方

次は、iPhoneとMacでAirDropの使い方を説明します。

iPhoneのAirDropを使うための準備は上に書いている通りなので省略します。分からなくなった場合は、上の方を見てください。

 手順1:Macの設定

Macの「Finder」を開き「AirDrop」をクリックします。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 手順2:iPhoneのAirDropを有効にする

iPhoneのAirDropを有効にします。

有効にすると、Macの「AirDrop」にiPhoneのアイコンが見えてきます。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

 手順3:ドラック&ドロップする

Finderをもう一つ開いて、転送したいファイルをAirDropのiPhoneへドラック&ドロップします。

iPhone同士で AirDropで写真や画像を転送とMacで受け取る方法

これで、iPhoneの写真にファイルが転送されました。

逆にiPhoneからMacに転送したい場合は、iPhoneの写真をAirDropするだけです。

Macの「ダウンロード」フォルダに転送されてきます。

Macでおすすめは、2019年発売のiMacがおすすめです。僕も27インチモデルの5Kディスプレイを購入しました。やはり5Kは写真もなんでも全てが綺麗ですね。

iMac

Amazonで見る楽天で見るYahoo!ショップで見る

まとめ

AppleのAirDropは非常に便利な機能です。ハードからOSまでが Apple製品だからこそ標準で出来る機能でしょう。

友達と家族と、iPhoneからMacへなど自由にできますので、使わない手はありません。