iOS 12.1.3正式版がリリース!iPhone&iPadのバグ修正がメイン

iOS 12.1.3正式版リリース

日本時間2019年1月23日にApple社は「iOS 12.1.3」を正式にリリースしました。

「iOS 12.1.3 beta 4」までいったのですが、「iOS 12.1.3 beta 4」から22日後に正式版「iOS 12.1.3」がリリースされたことになります。

今回のアップデートは、主にメッセージの写真のバグやオーディオ関係のバグ修正がメインになっています。

セキュリティー関係の詳細は、いつものように開示されていません。

アップデート内容

今回のアップデートは、iPhone&iPadのバグ修正がメインです。

  • “メッセージ”の“詳細”表示で写真のスクロールに影響する可能性のある問題を修正
  • 共有シートから送信すると写真に縞模様が入る可能性のある問題に対処
  • iPad Pro(2018)で外部オーディオ入力デバイスを使用するときに、音声のゆがみが生じる可能性のある問題を修正
  • 特定のCarPlayシステムでiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxとの接続解除を引き起こす可能性のある問題を解決

このリリースには、HomePodで発生していたバグの修正も含まれています。

  • HomePodの再起動を引き起こす可能性のある問題を修正
  • Siriの聞き取りを妨げる可能性のある問題に対処

その他のリリース

同じ日本時間2019年1月23日に「tvOS 12.1.2」と「watchOS 5.1.3」もリリースされています。

セキュリティー関係

セキュリティー面もアップデートされています。

Bluetoothでは、特権を持つネットワークの位置にいる攻撃者が任意のコードを実行する可能性がある問題を解決。

FaceTimeでは、リモートの攻撃者がFaceTime呼び出しを開始し、任意のコードを実行する可能性がある問題をメモリの処理方法にて改善。

カーネルでは、悪意のあるアプリケーションが特権を昇格させる可能性があったものに対して、検証を強化することで解決。

詳細はこちら「https://support.apple.com/en-gb/HT209443

CVEベースで31の脆弱性が修正されていると言われています。

アップデートをおすすめ

今回は、様々なセキュリティーやバグが修正されていますので、早めにアップデートされることをおすすめします。

アップデートの前には、必ずバックアップを取っておくことを強くおすすめします。

 バックアップの取り方 

iTunesのバックアップは古い!と言われています。今は「DearMob iPhoneマネージャー」の時代です。 「DearMob i...

自動アップデートはOFFがおすすめ

自動アップデートをONにしておくと、最新バージョンが配布されたら自動でアップデートを行ってしまうため、リリース直後は、世の中の動きをみてみたいもの。

そこで、自動アップデートをOFFにしておくべき!

iPhone自動アップデートOFF

アップデートの方法

手順1:設定画面にいく

iPhone画面の「設定」アイコンをタップして設定画面に行きます。

続いて「一般」設定に行きます。

iPhoneアップデート方法

手順2:ソフトウェアのアップデート

ソフトウェアのアップデートをタップします。

iPhoneアップデート方法

手順3:ダウンロードとインストール

ダウンロードとインストールをタップして、アップデートします。

iPhoneアップデート方法

これで最新版にアップデートされます。


まとめ

iOS 12.1.2では、通信不具合などあり、次のリリースを待っていたのですが、ついに「iOS 12.1.3」がリリースされました。

セキュリティーも修正されていますので、アップデートをおすすめします。

Appleは「iOS 13」の開発を本格化したようです。まだ、リリースされていない「iOS 13」を搭載したiPhoneから、Appleメデ...

この記事をお届けした
i-Netの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

フォローする